世界が認める高級シルク 1859(安政6年)年、横浜が開港されて、生糸の輸出が盛んとなり、生糸から絹織物の輸出の流れの中で絹のハンカチーフが生まれました。
明治時代を通して横浜から輸出されたもののうち、約70%を占めるのはシルク(生糸と絹製品)でした。 つまり、外貨獲得に大いに貢献したのです。
それほど、横浜にとって、シルクという製品は大きな意味のあるものでした。

明治10年代から、無地染めからプリントものが輸出され、木版捺染(浮世絵版画と同)から輸出増大と共に、型紙の型で刷毛で染める「刷毛染」となり、昭和初期にスクリーン捺染が開発されました。
近年は、外国ブランド品が自国生産となったことやファッションの変化などにより生産は急激に減少してきております。
戦後、更にシルクは隆盛となり、輸出は世界シェアの80%を占め、平成10年頃までは国内も90%を占めていました。