湘南センコーの歴史
 
大正10年横浜市蒔田で創業(刷毛染め)
大正12年関東大震災で工場倒壊、横浜市戸塚町へ移転
昭和10年藤沢市に捺染工場1棟(396m2)を新築 捺染台24m×4台
昭和16年太平洋戦争突入により物資が統制され休業
昭和28年神奈川県藤沢市藤沢6355番地に於いて、浅井特殊染工場を設立、染色業を再開
昭和32年有限会社浅井特殊工場設立、(株)荻原の専属工場となり堅牢染めハンカチ(地球鹿印)を 開発して、売り出す
昭和33年捺染工場1棟(396m2)を新築 捺染台24m×6台
昭和45年商号変更 浅井捺染有限会社に改称
昭和53年主なるブランドスカーフ「DAKS、イヴサンローラン、モリハナエ、ミラーショーン、 トラサルディ」
主なるブランドハンカチ「ジバンシィ、ニナリッチ、イッセイミヤケ」
昭和55年全国スカーフ・マフラーコンテスト 技術賞受賞
昭和63年インターナショナルスカーフコンペティション捺染部門 金賞受賞
平成 5年商号変更 湘南センコー株式会社に改称 スカーフデザインコンテスト ペイズリー技術賞受賞
平成 6年スカーフコンテスト 技術賞受賞
平成14年 主なるブランドスカーフ「DAKS、ジバンシィ、ビビアンウエストウッド、クロエ、ソプラーニ、アクアスキュータム  バーバリー」
平成15年創業80周年記念企画、湘南スカーフ製造販売開始
平成17年湘南スカーフ【湘南タイ】ふじさわ観光名産品として認定
平成20年【湘南スカーフ】神奈川県観光名産品100選協議会より選出認定
平成23年創業90周年記念として、湘南スカーフ工場直営店をOPEN